ホーム私たちについてお問い合わせ | ユーザー登録ログイン | 中文English日本語

最新情報アーカイブ編集長のお薦め人気テーマPhoto単語帖電子雑誌

正體 | 簡体
台湾光華雑誌
アーカイブ 編集長のお薦め 人気テーマ 単語帖 Photo
サイトマップ 詳細検索
最新情報 光華Facebook
私たちについて プライバシーポリシー 著作権について
お問い合わせ 電子雑誌
光華ホーム
:::
アーカイブ
光華Facebook
光華Plurk光華Twitter光華Google+
:::
台湾光華雑誌サイト / 台湾の街角から / 台湾史の舞台を訪ねる―安平古堡
*
台湾の街角から
 
 
 
台湾史の舞台を訪ねる―安平古堡
片倉佳史
 

台湾史の舞台を訪ねる―安平古堡
台湾史の舞台を訪ねる―安平古堡

 安平は台南の郊外に位置する歴史の町。歴史を遡れば、ここ安平は中国大陸から渡ってきた漢人移民が最初に住みついた場所とされています。安平古堡はかつてオランダ人によって築かれた要塞です。1627年、オランダ人はここにゼーランジャ城と呼ばれる要塞を築き、拠点としました。その後、オランダ人は鄭成功に駆逐され、清国時代を迎えます。行政の拠点は安平から台南に移り、その後は台北が首府として発展していきます。一時は安平古堡も遺棄され、荒れ果てていましたが、現在は観光地として整備されています。資料展示館には古写真をはじめとする歴史文物や鄭成功にまつわる遺品が展示されています。台南駅からは市内バス2番に乗車して20分ほどで到着します。台南を訪れた際にはぜひ足を運んでみたいスポットです(安平古堡・台南市安平区国勝路 82号・06-226-7348)。

2015-05-04
  第一ページ 第一ページ 前のページ 前のページ   次のページ 次のページ 最終のページ 最終のページ  
English 日本語 中文