ホーム私たちについてお問い合わせ | ユーザー登録ログイン | 中文English日本語

最新情報アーカイブ編集長のお薦め人気テーマPhoto単語帖電子雑誌

正體 | 简体
台湾光華雑誌
アーカイブ 編集長のお薦め 人気テーマ 単語帖 Photo
サイトマップ 詳細検索
最新情報 光華Facebook
私たちについて プライバシーポリシー 著作権について
お問い合わせ 電子雑誌
光華ホーム
:::
アーカイブ
光華Facebook
光華Plurk光華Twitter光華Google+
:::
台湾光華雑誌サイト / 台湾の街角から / 「美人湯」と呼ばれた名湯を訪ねる
*
台湾の街角から
 
 
 
「美人湯」と呼ばれた名湯を訪ねる
片倉佳史
 

「美人湯」と呼ばれた名湯を訪ねる
「美人湯」と呼ばれた名湯を訪ねる

 台湾の面積は日本の10分の1程度ですが、島内には100箇所近い温泉が知られています。中でも関子嶺温泉は古くから知られてきた名湯で、多くの人々に愛されています。緑豊かな山岳地帯にあり、ひんやりとした空気が肌を包み込みます。温泉は渓流沿いに湧いており、昔ながらの温泉旅館や食堂が並んでいます。ここの最大の特色は「ドロ湯」と呼ばれる灰褐色の湯。チャコールグレーの湯はさらさらで、独特な印象ですが、保温効果が高く瞬く間にほかほかしてきます。そして、湯上がり後は肌がつるつるになります。お湯に浸かれば確実に美しくなるということで、「美人湯」の美称も得ています。湯は粒子が非常に細かく、サラサラとした肌触りに驚かされます。南国台湾とは言っても冬場はそれなりに冷え込みますので、こういった温泉にゆっくり浸かって名湯を楽しみたいものです。台湾高鉄の嘉義駅からも温泉行きのバスが出ています。

2015-03-02
  第一ページ 第一ページ 前のページ 前のページ   次のページ 次のページ 最終のページ 最終のページ  
English 日本語 中文