ホーム私たちについてお問い合わせ | ユーザー登録ログイン | 中文English日本語

最新情報アーカイブ編集長のお薦め人気テーマPhoto単語帖電子雑誌

正體 | 簡体
台湾光華雑誌
アーカイブ 編集長のお薦め 人気テーマ 単語帖 Photo
サイトマップ 詳細検索
最新情報 光華Facebook
私たちについて プライバシーポリシー 著作権について
お問い合わせ 電子雑誌
光華ホーム
:::
アーカイブ
光華Facebook
光華Plurk光華Twitter光華Google+
:::
台湾光華雑誌サイト / 台湾の街角から / 黄蝶が舞う神秘の谷へー高雄市美濃区「黄蝶翠谷」
*
台湾の街角から
 
 
 
黄蝶が舞う神秘の谷へー高雄市美濃区「黄蝶翠谷」
片倉佳史
 

黄蝶が舞う神秘の谷へー高雄市美濃区「黄蝶翠谷」
黄蝶が舞う神秘の谷へー高雄市美濃区「黄蝶翠谷」

 台湾は「蝶の王国」として名を馳せており、世界中の蝶マニアから注目されています。台湾全土には数多くの蝶の観賞スポットがありますが、その一つが高雄市美濃区にある「黄蝶翠谷」です。ここは美濃の市街地から8キロほど離れた場所に位置し、渓流沿いに淡黄蝶(台湾キチョウ・ウスキシロチョウ)が棲息しています。かつて、この渓流一帯には鉄道の枕木となる「タガヤサン」が大量に植えられました。その関係でこの樹木を好む蝶が数多く集まるようになったと言われています。特に5月から7月にかけては河原で蝶の群れが見られ、端午節の前後がベストと言われます。ただし、その年の気候や河の水量によって状況は異なりますので注意が必要です。蝶の大群はまるで黄色の絨毯を敷いたかのようにも見え、壮観な眺めです。また、光の当たる角度によって羽の色が薄緑色や白色に変化し、息を呑む美しさとなっています。ここは蝶以外にもさまざまな鳥類や魚類が棲息しており、自然観察にぴったりのスポットとなっています。

2015-06-29
  第一ページ 第一ページ 前のページ 前のページ   次のページ 次のページ 最終のページ 最終のページ  
English 日本語 中文