Taiwan’s Moth Orchids —Their Past and Future

:::

2016 / 6月

Chang Chiung-fang /photos courtesy of Chin Hung-hao /tr. by Jonathan Barnard


Biotech’s Clever Schemer earned its mettle 

With the rosy blush of this orchid’s petal

For Zhuangzi the blooms bear fruit as moth love

In dreamy states the sage and flowers soar above

—Wang Wei-yung, “Taiwanese Grandma”

 

At the 2016 Taiwan International Orchid Show, Wang Wei-yung, dean of the College of Liberal Arts at National ­Cheng Kung University, recited four lines of verse in honor of “Clever Schemers,” a new category of orchids developed by the university’s Orchid Research and Development Center. Taiwan’s orchid development prowess as well as its cultural elegance were on ample display to the show’s visitors, both foreign and local.  

 


As in years past, this year’s Taiwan International Orchid Show, the 12th, was held in Tai­nan’s ­Houbi. In its run of ten days in mid-March, the show garnered 220,000 visits from orchid enthusiasts of more than 26 nations and generated NT$9.72 billion in sales that should pan out over the next three to five years.

R&D support makes for a happy industry

The show revolved around the theme of “happiness.” Apart from featuring Taiwan’s 250 best-selling moth orchid (phalaenopsis) varieties and the 952 orchid plants entered into the show’s competitions, the “monkey face orchid” (Dracula simia) from Ecuador attracted a lot of attention and curiosity in the Year of the Monkey. NCKU’s “Clever Schemer” orchids, which debuted here, and National Taiwan University’s transgenic “Honey Snow,” the first successfully bred white oncidium, were big hits as well. 

Taiwan is one of the world’s major moth orchid exporters, with export sales exceeding US$130 million per year. That represents more than 70% of all Taiwan’s flower exports.

And Taiwan has invested more in researching moth orchids than in any other flowers. “Academic support is essential for the industry,” says Chen Hong-hwa, head of the Orchid R&D Center at NCKU. “As with the Netherlands’ tulips and Israel’s roses, whose commercial successes have been supported by research, Taiwan’s orchid industry is bolstered by a national-level research program.

There have been several recent research successes. Yeh Kai-wun, a professor at NTU’s Institute of Plant Biology, has actively developed an oncidium with a new color. Through genetic engineering, he successfully created the white oncidium “Honey Snow.” Meanwhile Yang ­Chang-hsien, chair of National ­Chung ­Hsing University’s Graduate Institute of Biotechnology and vice president of the university, discovered a technique to alter the shape of orchid lips. Finally, Chan Ming-­tsair, a research fellow at the Academia Sinica’s Agricultural Biotechnology Research Center, discovered genes related to the timing of flowering. Manipulating these genes can cause orchids to bloom earlier.

Sequencing the horse phalaenopsis

NCKU’s Orchid R&D Center, which has been established for 20 years, participated in an international project from 2009 to 2014 that successfully sequenced the genes of the horse phalaenopsis (Phalaenopsis equestris), a moth orchid species native to Taiwan.

Phalaenopsis equestris is the first orchid anywhere in the world to have its entire genome sequenced.” Chen Hong-hwa explains that over the course of five years the center worked with 13 different research teams in Belgium, France, mainland China and elsewhere to transcribe the plant’s genome, which was found to contain 29,431 genes. 

Why was the horse phalaenopsis chosen?

“Since it’s a pretty small orchid that grows quickly, it’s an advantageous choice for use in plant research.” Chen points out that the Royal Horticultural Society has listed 31,031 varieties of orchids, 19,445 of which are related to Phalaenopsis equestris. The sequencing of its genome is having major spillover effects for research into other moth orchids.

Clever Schemers, new orchids

On that basis, Hsu Chia-chi, a doctoral student in the Department of Life Sciences at NCKU and one of Chen’s students, published some of this groundbreaking research in the American journal Plant Physiology. His paper, “Three R2R3-MYB Transcription Factors Regulate Distinct Floral Pigmentation Patterning in Phalaenopsis Orchids,” immediately attracted a lot of international attention.

In a nutshell, the research identified the regulator genes for red pigmentation in moth orchids. With gene regulation, you can get red streaks to appear or disappear at any place on the flower. The discovery has ushered in a whole new class of orchids: “Clever Schemers.”

By injecting an agrobacterium carrying the gene PeMYB2 into a flower petal and sparking anthocyanin synthesis, a red pattern emerges. With this process, it’s even possible to create cute images on the petals, such as Mickey Mouse or hearts.

The name “Clever Schemer” was contributed by Hsu’s mother.

Hsu says that because he was engaged in researching color in moth orchids, his lab for all intents and purposes became his home. He would catch flak from family members on the rare occasions they got to see him: “What on earth are you so busy with?” On his graduation day, he presented an orchid whose pigmentation he had successfully changed to his mother, and she was moved, ­blurting out: “I didn’t realize what a clever schemer my son was!” Hsu thus came to name these fruits of his many years of hard work as “Clever Schemers.”

The perfect flower

Fragrance is another important focus of moth orchid research.

Confucius said that orchids in deep mountain gorges are no less fragrant for the lack of people to smell them. But in truth, the elegantly beautiful moth orchid typically has no fragrance at all. “Rare is the flower that has the best of both worlds: numerous large blooms and a sweet fragrance,” notes Chen.

Taiwan’s orchid breeders have assiduously engaged in hybridization in the hope of attaining a moth orchid that has both numerous beautiful blooms and a sweet scent, but their efforts were long for naught. Even when they happened on something that looked promising with hybridization, it would last only one generation, and the grandchildren would once again be scentless. “The problem with hybrids,” says Chen, “is that some species’ chromosomes are large and some are small, and they don’t match up.” After much basic research, Chen came to the conclusion that to produce a beautiful and fragrant orchid by conventional breeding was a tall order. “For the best of both worlds, you’ve got to go to the genetic level and find the key genes to introduce.”

Stuff of daily life

The NCKU Orchid R&D Center has used biotech to add value to the orchid industry by pushing orchids beyond their purely decorative uses, bringing orchid research out of the laboratory and creating products for people to use in their everyday lives.

“We’ve already found a few key genes, and we’ve applied for Taiwan and US patents so as to protect our intellectual property rights,” explains Chen. To date, they’ve obtained eight orchid gene patents and transferred two scent-related genetic techniques to biotech companies with the aim of creating commercially viable products.

The bellina moth orchid (Phalaenopsis bellina), which is native to Malaysia, does produce a scent. Chen notes that after it was introduced into Taiwan for crossbreeding, it won the top prize for its scent from the All Japan Orchid Society.

The NCKU Orchid R&D Center has transferred technology and provided guidance to Lan Hui Biotech, which is successfully extracting orchid embryonin for use in cosmetics. It has also taken bellina’s fragrance for a series of products, including essential oils, perfumes, soaps, and facial masks.

What’s more, the Orchid Biotechnology and Creativity Industry University Alliance is also trying to put orchid fragrance into food products, such as chocolate, cookies, tea, dalu gravy noodles and so forth.

From a global perspective, Taiwan’s orchids are indeed quite distinctive. “Different flowers have different associations, and in Taiwan moth orchids are associated with the word ‘happiness.’” Chen explains that Taiwan’s moth orchids’ strong suits are their long lives and lengthy flowering, as well as their hardiness in transport and the full round shapes of their blooms. The monkey face orchids (Dracula simia), bee orchids (Ophrys apifera), and vanda orchids grown abroad all lack round blooms, leaving Taiwan’s moth orchids with the singular distinction of being both large and round.

“So long as you believe, then happiness is right before your eyes.” How apt these words are—both for moth orchids and for the Taiwan orchid industry’s hopes for the future!

相關文章

近期文章

日文 繁體中文

幸福を紡ぐ 台湾のコチョウラン

文・張瓊方 写真・金宏澔 翻訳・久保 恵子

2016年の台湾国際ラン見本市において、成功大学文学部の王偉勇学部長が、同大学ラン研究開発センターの開発した新品種「心機蘭」について詠んだ七言絶句一首は、品種名の心機や胡蝶を読み込み、台湾コチョウランのバイオ技術と詩作が結びついて、海外に名を高めることになった。


12回台湾国際ラン見本市が、台湾コチョウラン生産の最大の基地、台南県後壁で開催された。開催期間は10日間、世界26か国が参加し、入場者は延べ22万人を数え、将来数年にわたり97.2億元のビジネスを台湾にもたらすと見込まれる。

研究開発が支える幸福産業

2016年の台湾国際ラン見本市は「幸福」をテーマに開かれた。会場には台湾で売れ筋のコチョウラン250種、925株が展示されて妍を競うと共に、サル年と言うことでエクアドルからサルの顔に似たモンキー・フェイス・オーキッドも台湾にやってきて、観客の好奇の目を惹いた。成功大学が研究開発に成功した心機蘭の初お目見えがあり、また台湾大学が遺伝子組換えに成功した世界初の白いオンシジュームも注目の的となった。

台湾は世界有数のランの輸出国で、コチョウランの輸出額は毎年13000万米ドルと、台湾の生花輸出の7割以上を占める。

台湾はコチョウラン研究に力を注いでいる。台湾農業はバナナ、サトウキビ、アスパラガス、マッシュルームなどの品目で世界を席巻していたが、今も残るはコチョウランだけである。

「産業発展の背後には学術研究の支えが必要です」と、成功大学ラン研究開発センターの陳虹樺主任は語る。オランダのチューリップ、イスラエルのバラなど、いずれも強大な研究チームに支えられていて、台湾のラン産業も国家規模の研究プロジェクトの支持が求められる。

台湾はラン品種開発の雄であり、世界に流通するラン品種の68割は台湾で開発されたもので、栽培農家の苦心作もあれば、大学の研究の成果もある。

最近の研究でいうと、台湾大学植物科学研究所の葉開温教授が心血を注いだ新品種には、遺伝子組換え技術による白いオンシジューム品種の「蜜雪」がある。また中興大学生物科技学研究所の楊長賢所長は花の形を研究し、ランの唇弁の形状を決定する核心技術を開発した。中央研究院農業生物科技研究センターの٨ق明才は、ランの開花期を調整する遺伝子を見つけ出し、開花を早めることに成功した。

遺伝子でヒメコチョウランの秘密を解く

設立20年になる成功大学ラン研究センターは、2009年より国際協力を開始し、2014年に小蘭嶼島に原生する台湾固有種のヒメコチョウラン(ファレノプシス・エクエストリス)の遺伝子解析に成功した。

ヒメコチョウランは世界で最初に遺伝子解析を終えたラン科植物だと、陳虹樺教授は言う。成功大学ラン研究センターは、ベルギー、フランス、中国大陸などの13の研究機関と国際協力を行い、5年をかけてヒメコチョウランの遺伝子29,431個を解析した。

それでは、なぜヒメコチョウランが研究対象に選ばれたのであろうか。

「花が小型で生長が早く、植物モデルとして研究するのに便利だからです」と、陳虹樺は言う。台湾の原種コチョウランは二系統あり、一つはよく見られる白いコチョウラン(ファレノプシス・アマビリス)で、もう一つが小蘭嶼島に原生するヒメコチョウランである。英国王立園芸協会に登録されている31,031種のランのうち、19,445種がヒメコチョウランと類縁関係があり、その遺伝子を解析できれば、ほかのコチョウランの研究にも役立つのである。

遺伝子解析は研究の始まりに過ぎない。これから台湾の研究チームは栽培を開始し、形状、色、香りに関係する遺伝子を特定していく予定で「かつてランの栽培は時間がかかり、新品種開発に10年、20年とかかったのですが、遺伝子を解析して原因遺伝子を特定できれば、開発期間を大幅に短縮できます」と陳虹樺は説明する。

新しい機会を開く「心機蘭」

遺伝子解析を基礎に、陳虹樺の学生で成功大学生命科学学科の博士課程に学ぶ許家斉は最初の色彩原因遺伝子を発見した。20153月に彼は植物生理学誌に「コチョウランB群の花形を決定する原因遺伝子及び色を統御する因子の研究」と題する論文を発表し国際的に注目を集めた。

その成果を一言でいうと、コチョウランの赤い色素生成にかかわる遺伝子を特定したことで、この遺伝子を調整することで花弁に赤い色を自在に出現させることができるようになる。赤い色が自在に出せることから心機蘭の名がつけられた。

色を統御するのは2号、11号、12号遺伝子で、それぞれ全体、線状あるいは点状の発色に関係する。心機蘭はアグロバクテリウムを利用して花弁に遺伝子を移植し、そこに赤を発色させたもので、花弁にハートやミッキーマウスなどの模様を浮き出させることができるのである。

花の中の君子

コチョウランの花の形は、その名の通りひらひらと舞う蝶を思わせる。

一般に花は放射状、対称形であるのに対し、コチョウランの花弁構造は高度に進化している。下側の3枚の萼片が花弁2枚を支え、3枚目の花弁は大きく特徴的な形に変化し、ほかの花弁に対し90度の角度を呈して、昆虫の受粉に場所を提供している。

花の香りもコチョウラン研究のテーマである。

孔子曰く、芝蘭は深谷に生じ、人無きをもって芳しからざることあらずと、人知れずひっそりと咲く香り高い蘭を称えたのだが、実際には美しいコチョウランは香りに乏しく、両者兼ね備えることはあまりない。

台湾のラン栽培農家は交配などを続けて、花数が多く美しい花をつけ、しかも薫り高いコチョウランを育てようと努力してきたが、成功することはなかった。まれに成功したとしても一代限りで後になるほど香りは失せる。品種交配が続かないのは、両者の染色体の差異が大きく、子の代になると染色体がうまく合わなくなるからである。研究が続くにつれて、美しく香り高いコチョウランは遺伝子組換えでないと作れないと分かった。

遺伝子組換えで新品種を作ると、花粉がほかの植物について危険だと言う人がいるが、コチョウランの花粉は大きいので風に飛ぶことはない。ランはそもそも風媒花ではなく虫媒花で、昆虫が花粉を運ぶので、ほかの植物に受粉して遺伝子が生態系を乱すことはないという。

深山幽谷から生活の中へ

成功大学ラン研究センターでは、バイオ技術を用いてラン産業の価値創出を進め、観賞以外に香りなどを利用したランの商品化を試み、これを日常生活に取り入れようとしている。

陳虹樺は香りに関する重要な遺伝子を特定し、台湾とアメリカで8項目の特許を取得していると言う。そのうち2特許の香りに関する技術を民間に移転し、製品化を進めているそうである。

その一つはマレーシア原産のファレノプシス・べリーナで、これを台湾に持ち込み交配により香り高い新品種を開発した。成功大学ラン研究センターはこれを蘭卉生技公司に技術移転し、べリーナの胚の幹細胞を化粧品に使っている。さらにべリーナの香りから香油や香水、石鹸などの製品化も行われている。

製品化への応用は香水や香油に限らず、チョコレートやクッキー、お茶、パスタなど食品に取り入れる計画も進んでいる。

「ランを生活に取り入れることで、人との間により密接な関係を築けます」と、陳虹樺は言う。実験室での研究や、各地で毎年開かれるランの見本市などに限らず、様々な方法や形でランを一般に紹介し、理解を深め、生活の中に取り込んでいきたいと考えているのである。

世界に目を向けると、台湾のコチョウランは大きな特色を具えている。台湾のコチョウランの花言葉は「幸福」と言うが、モンキー・フェイスやビー・オーキッド、ヒスイランも、花の形は丸くはなく、台湾コチョウランだけが丸い花の形をしていて、しかも輸送に耐え日持ちがする。

2002年から今日まで、台湾のランの売上は毎年20%の成長を続け、リーマンショックの2008年でも落ち込むことはなかった。不景気な時こそ、人は幸福を求めるのだろうと陳虹樺は言う。

「信じていれば、幸福は目の前にある」というのがコチョウランの花言葉である。それはまた、台湾のラン産業の未来への期待でもある。

蝴蝶蘭的前世今生 ─台灣阿嬤幸福展心機

文‧張瓊方 圖‧金宏澔

白裡透紅隨意好,基因操控遂心機。

莊周從此迷蝴蝶,夢入華胥結伴飛。

──王偉勇〈台灣阿嬤〉

成功大學文學院院長王偉勇為成大蘭花研發中心研發的新品種「心機蘭」吟誦七言絕句詩作,在2016台灣國際蘭展盛會上,台灣蝴蝶蘭的研發科技與文學之美一起揚名海內外。


第12屆台灣國際蘭展一如往年在台灣蝴蝶蘭最大生產基地──台南後壁舉辦。為期10天的蘭展吸引來自全球26個國家參與,22萬人次入園參觀,並為未來3~5年創下97.2億元新台幣的商機。

幸福產業‧研發支撐

2016台灣國際蘭展以「幸福」(HAPPINESS)為主軸,展場上除了目前台灣最暢銷的250種蝴蝶蘭商業品種展示、952株參賽蘭花爭奇鬥豔外,來自厄瓜多,花形神似猴臉的「猴面蘭」,應景地在猴年造訪台灣,引發民眾一窺本尊的好奇。而成大研發首次亮相的「心機蘭」、台大基因轉殖成功全球首株白色文心蘭「蜜雪」,也都是展場中備受矚目的焦點。

台灣是世界主要蝴蝶蘭出口國之一,每年出口蝴蝶蘭超過一億三千萬美元,占台灣花卉出口總額的七成以上。

蝴蝶蘭也是台灣投入研究最多的花卉。放眼台灣農業領域裡曾引領風騷的香蕉、甘蔗、蘆筍、洋菇……,如今都已風光不再。唯獨蝴蝶蘭產業,至今仍一枝獨秀。

「產業的背後須有學術研究支撐」,國立成功大學蘭花研發中心主任陳虹樺表示,像荷蘭的鬱金香、以色列的玫瑰,背後都有強大的研究支撐,台灣蘭花產業也須仰賴國家型研究計畫支持。

台灣堪稱蘭花育種王國,以目前全球流通的蘭花品種來看,當中有六到八成是台灣培育出來的品種。其中有蘭花業者的心血,也有學者的苦心研究。

以新近的研究為例,台大植物科學研究所教授葉開溫致力開發文心蘭的新花色,成功藉由基因轉殖培育出全球首株白花文心蘭「蜜雪」;中興大學生物科技學研究所所長、副校長楊長賢則研究花形,提出所謂的「花被密碼」,找到決定蘭花唇瓣形狀的關鍵技術;中研院農業生物科技研究中心研究員詹明才,則找到掌控蘭花開花時間相關基因,可促使蘭花提早開。

基因解序小蘭嶼蝴蝶蘭

已成立20年的成功大學蘭花研究中心,則自2009年起參與國際合作,在2014年底完成台灣原生種「小蘭嶼蝴蝶蘭」的基因解序大業。

「小蘭嶼蝴蝶蘭是全球第一個基因解序完成的蘭科植物」,陳虹樺指出,成大蘭花研發中心與比利時、法國、中國等13個研究單位進行國際合作,歷時5年,將小蘭嶼蝴蝶蘭基因解序,轉譯出2萬9,431個基因。

小蘭嶼蝴蝶蘭何以雀屏中選?

「因為它花型較小,成長較快,當作植物模式來做研究比較方便。」陳虹樺指出,台灣有兩種原生種蝴蝶蘭,一是眾所周知、花色純白的「台灣阿嬤」,另外一種就是原生於小蘭嶼的「小蘭嶼蝴蝶蘭」。而在英國皇家園藝協會登錄的3萬1,031種蘭花中,1萬9,445種與小蘭嶼蝴蝶蘭有血緣關係,一旦它的基因解序,也有利於其他蝴蝶蘭的研究。

基因解序只是開端,接下來台灣團隊要負責研究花部發育,找出與花形、花色、花香相關的基因。「過去蘭花育種曠日廢時,往往要經過十幾、二十年,才能育得新品種,基因解序後,只要找到相關的調控基因,就可大幅縮短育種時間。」陳虹樺解釋。

心機蘭,展新機

在此基礎上,陳虹樺的學生、成大生命科學系博士許家齊找到了第一顆彩蛋。2015年3月,許家齊在美國《植物生理學》期刊發表〈以基因體學探討蝴蝶蘭B群花器決定基因啟動子及花色調控轉錄因子之研究〉論文,其突破性的研究成果,立刻受到國際矚目。

此研究成果一言以蔽之,就是找到了蝴蝶蘭紅色色素生成的調控基因。透過基因調控,可以讓紅色花紋出現或消失在花朵的任何位置上,這也就是2016台灣國際蘭展上新品種「心機蘭」的由來。

成大蘭花研發中心研究團隊找到三個會調控花色的2號、11號與12號基因。陳虹樺指出,抑制2號,花朵底下紅色整個不見,抑制11號則呈現條狀消失,抑制12號則點狀消失,三個基因各司其職。「一般的花沒有這麼複雜,通常一個基因就管所有顏色。」

心機蘭是讓農桿菌攜帶2號基因,然後將農桿菌注射到花瓣上,基因進入、啟動花青素合成後,會慢慢浮現紅色圖案。也可以在花瓣上打出米老鼠、心型等趣味性的造型。

心機蘭的命名則緣起於許家齊對母親的「心機」。

許家齊表示,自己因投入蝴蝶蘭花色研究,終日以實驗室為家,難得見上一面的家人難免狐疑:「究竟在忙什麼?」畢業典禮當天,他將成功改變花色的蘭花獻給母親,母親感動得當場直呼:「不知道我兒子心機很重!」就這樣,這株許家齊耗費多年心血的蝴蝶蘭取名「心機蘭」。

花中真君子

蝴蝶蘭的花形相當獨特,宛如一隻翩翩飛舞的蝴蝶。

與一般花朵的輻射對稱形式不同,蝴蝶蘭花朵的構造是高度演化後的結果。底下三片花萼、襯托兩片花瓣,第三片花瓣則特化成各種形式的唇瓣。與花瓣呈90度的唇瓣,是提供昆蟲授粉時站立的平台。「其實蘭花是很有心機的」,陳虹樺笑說。

至於花香,是蝴蝶蘭研究的另一大課題。

孔子說,芝蘭生於深谷,不以無人而不芳。但事實上,花形優美的蝴蝶蘭普遍缺乏香氣。「很少有花又大又多又香,兩全其美的。」陳虹樺笑說,這道理與聰明的女生不漂亮,漂亮的女生不聰明類似。

長期以來,台灣蘭花業者努力透過雜交的方式,希望培育出花美、朵數多又有香氣的蝴蝶蘭,但始終沒能成功。縱使偶有成功之作,也只能維持一代,親代有香氣,後代就褪了味。「雜交不親和的原因是染色體差異很大,有的很大,有的很小,產生後代時染色體無法配對。」陳虹樺表示,做了很多基礎研究後發現,要產生又美又香的蝴蝶蘭很難,必須從基因下手,「找到關鍵基因導入,方能兩全其美。」

有人反對基因改造花卉,因為花粉會飄到另外一種植物上,但陳虹樺表示,蝴蝶蘭的花粉是整塊的,不會飄,再加上它是蟲媒花,不是風媒花,一定要靠昆蟲來攜帶,比較沒有基因漂流、擾亂生態系的問題。

自幽谷走入生活

成大蘭花研發中心利用生物科技技術,替蘭花產業加值,拓展蘭花觀賞之外的其他面向,讓蘭花研究成果由實驗變成商品,貼近人們的日常生活。

「我們已經找到了幾個關鍵基因,也申請了台灣和美國專利,先把智財權保護起來。」陳虹樺表示,目前已經拿到8個有關蘭花基因的專利,也已技轉2個香味技術給輔導的生技公司做成產品。

其中一種香味來自馬來西亞的原生種蝴蝶蘭蓓莉娜,陳虹樺指出,台灣引進做雜交配種後,在2015年全日本的蘭協會香氣審查中拿下冠軍。

成大蘭花研發中心技轉、輔導的蘭卉生技公司,不僅已成功將蘭花胚胎幹細胞──蘭胚素運用在美妝產品上,再加上蓓莉娜的香氣,做成系列精油、香水、香皂、面膜……等產品。

陳虹樺指出,除了做成香水、精油等美妝產品外,蘭花生技產學聯盟還嘗試將蘭花的香味導入食品中,例如巧克力、蘭花餅乾、蘭花茶、蘭花大滷麵等等。

「蘭花應該走入生活,與民眾有更多結合。」陳虹樺說,不只是在研究室裡做研究,或者是每年廟會式地舉辦蘭展,還應透過更多方式,讓民眾更深入瞭解蝴蝶蘭,更貼近人們的生活。

放眼全球,台灣蝴蝶蘭其實別具特色。「不同蘭花有不同的花語,幸福,是台灣蝴蝶蘭的語意。」陳虹樺表示,耐久、耐儲運、花形圓整是台灣蝴蝶蘭的最大特色。放眼外國的猴面蘭、蜂蘭、萬代蘭……花形都不圓,只有台灣的蝴蝶蘭是討喜的大圓。

更討喜的是,自2002年迄今,台灣蘭花的銷售每年成長20%。2008年尤其不可思議,當時全球經濟泡沫化,台灣蝴蝶蘭的銷售量只是稍緩,並未消退。「不景氣時,人心更希望幸福降臨。」陳虹樺如此解釋。

「只要你相信,幸福就在眼前」,這是蝴蝶蘭的花語,也是台灣蝴蝶蘭產業對未來的期許。 

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!