Kamaro'an住下來吧!

輪傘草編織工藝再創生
:::

2018 / 5月

文‧鄧慧純 圖‧莊坤儒


這是一個關於編織的故事,從舒米如妮(Sumi Dongi)復育水梯田、輪傘草開始,遇見了在花東推動產業輔導的Tipus Hafay,再加入了設計師劉立祥、張雲帆,所有的環節被編織起來,成為一盞簡約、現代風格的浪草燈,說著品牌Kamaro’an的故事。

結合工藝與設計的浪草燈在國際上發亮,在地又時尚的設計於2017年拿下巴黎家飾展(Maison et Objet)「亞洲新銳設計師獎」;到歐洲參展最常聽到外國友人發出ElegantPoeticSculpturalAuthentic的讚嘆;浪草燈也成為小英總統出訪友邦的伴手禮,台灣的工藝之美讓世人所見。


 

位在華山文創園區紅磚區的花東選品店「太平洋的風」,兩位阿美族女孩NgodoNacu正專注著眼前的編織。Ngodo用阿美族「一繩到底」的藤編技巧編織三角包的提把;Nacu則端坐在長寬約150×12公分的編織台前,腿上放著一把經加工曝曬的輪傘草片,另有兩條綠色的紙繩,兩端各綁上鉛錘,垂在編織台的兩側,Nacu取了兩片,固定在編織台上,將紙繩上下交叉壓過草片,利用鉛錘的重量把草壓住。

Nacu一邊編,一邊說:「這是草蓆的編法,小時候家家戶戶都有一架編織台,我們都看過阿嬤編草蓆。……後來學做浪草燈,手邊雖有輪傘草的材料,卻沒有編織台,只好跑去舒米阿姨家扛一架回來。」

找回部落曾經消失的

被遺忘的不只有草蓆的編織台,在花蓮縣豐濱鄉港口部落,隨著生活型態改變而逐漸消失或被替代的風景還很多,像被斷了水源的田地荒廢成了叢林,部落婦女農閒時編織草蓆的畫面等等。

長年參與原住民「還我土地」運動的舒米,在心中始終有個矛盾,當族人為著傳統耕地抗爭時,原有的土地卻任其荒蕪,未加利用。她決心著手復育水梯田,同時也把與水稻共生的輪傘草和大葉田香種回來,讓台11線上的澄黃色的海稻米景致,還有阿美族的草蓆編織工藝,重新成為港口部落的風景。

輪傘草因葉形如傘骨而聞名,它的莖梗筆直無節,可長到3尺高,阿美族人用它來編織草蓆。舒米回憶起,67月的夏天,家家戶戶會一邊曬穀子,一邊曬輪傘草,或是編草蓆。夏季大家都不睡屋內,一家大小帶著草蓆在星空下入睡。昔日務農田邊都有「Daruan」(音:達魯岸,指休息的小屋),部落的新婚夫婦都會帶著草蓆到Daruan去,新婚的前兩年都在那邊培養感情。舒米說:「輪傘草是部落生活美學的一部分,而且是跟生活息息相關的。」

復育了輪傘草,舒米花了許多時間思索輪傘草還能如何利用,進而建立在地產業,帶動部落有穩定的工作機會。

草蓆的編織技巧簡單,但前製的處理工序需經太陽曝曬3個月,完全乾透後,方能編織。台灣因濕度高,解決輪傘草容易因潮濕而發霉的問題,成了當務之急。

幾經嘗試,舒米才從阿美族取藤皮的方式獲得靈感,只取輪傘草莖的皮,把中間輸送水分的維管束削除,再經陽光曝曬的輪傘草片,材質就會穩定很多。她也從耆老那邊學習阿美族的編織技巧,招集部落婦女一起加入編織的行列,傳續阿美族的編織技法。

與當代設計相遇

張雲帆和劉立祥當初是跟著台灣科技大學董芳武老師進到部落的。多年來,已有許多藝術補助計畫借助學界、文史工作者及族人之力,將部落的文化與技藝挖掘出來,但是往往剛產出一些成果,就因計畫結束而終止,資源無法永續。「很多文化跟故事被找回來了,後續就是如何產業化的議題。」張雲帆解釋他們的團隊想解決的問題。

Tipus出身吉安鄉的娜荳蘭部落,亦是港口部落的媳婦。台大城鄉所畢業後,在台北工作五年多,終有機會回鄉工作,協助輔導花東傳統產業。

透過Tipus引薦,2013年,台科大的團隊初到港口部落的第一年,選擇與漂流木藝術家合作,計畫執行了一年,方了解到藝術創作不能對比於產業化,藝術家該專注於創作,而非量化的生產。第二年他們改找工藝家合作,「工藝較偏向設計產品的屬性,是大家生活裡需要的,很多人都會編織,進入門檻沒有那麼高。」張雲帆解釋。

台科大團隊看到舒米已研發成熟的輪傘草片很「台灣在地」,很感興趣。再加上舒米已培訓了一批熟習編織的部落婦女,有素材、有技術、有人力;舒米提出:「輪傘草怕濕,燈飾有光有熱度,是防止它發霉最好的方法。」第二年計畫就從輪傘草的編織工藝著手。

計劃團隊從頭學習,長住在部落裡跟著族人一起生活、聊天,種田、捕魚或許幫不上忙,但夥伴們都在一旁見習,了解部落生活的真實樣態。他們也親自跟舒米學習如何處理輪傘草和編織。

劉立祥說:「住在部落裡,每天看山、看海,不知不覺就做出很像海浪的形狀,(浪草燈)每個角度都不一樣,很像海浪的波濤,帶有韻律感。」用一個菱形加上兩個半圓,簡單幾何圖形組合,浪草燈的設計簡約且摩登,輪傘草吸收了花東的陽光,佐以扭轉出的海浪形狀,是一件蘊含滿滿花東自然的設計。其他以輪傘草發展出的旋草燈、名片座、置物格等品項,同樣以簡約風格,妝點桌上風景。

「我們的東西基本上不會嘩眾取寵,設計看起來好像很少,其實很完整。要做到這一點,還花蠻多時間的。」劉立祥表示。為兼顧編織工藝的展現與未來量化需求,設計師巧心地將手工編織設計在產品最顯眼的地方,其他的部分就靠規格化的方式減省成本。

浪草燈從雛形到打樣,逐漸發展成熟,他們覺得可以讓輪傘草系列探探市場水溫,因此以Kamaro’an為品牌,將輪傘草系列推上「嘖嘖」募資。Tipus說:「那時候我們想得很單純,募資如果有人買,就代表這個品項推到市場上有可能跑得動。如果賣不出去,嘖嘖募資結束之後也沒關係。」

當初設下新台幣20萬的集資目標,沒想到在12天內就達標。

Kamaro’an住下來吧

Kamaro’an(音:嘎瑪魯岸)是阿美族語中招呼大家「坐下來吧!」的意思,生活味十足。張雲帆補充解釋,Kamaro’an另一層意思還有「住下來吧」,「如果品牌能夠成功,希望創造讓部落年輕人回鄉、住下來的機會。」這是品牌背後更深切的願望。

2015Kamaro’an在嘖嘖募資成功,有了訂單,卻也是輪傘草系列製作面臨量產的考驗。舒米為了募資計畫早早採集輪傘草,儲備材料,但輪傘草須經夏季累月陽光的曝曬,使產品製作有時效性,不利量產。年輕一輩的夥伴想出利用烘乾機處理,想以此減省長時間曝曬的工序,但烘乾機僅能控制莖梗的濕度,無法完全抽乾濕氣。舒米這才確認輪傘草一定得見陽光,曝曬的時間需是烘乾時間的兩倍,才能確實乾燥。

幾經波折,輪傘草系列的製作流程直到2016年才算順遂,也逐漸建立與部落的合作模式,盡量將成本留在部落,由部落負責建立生產線,希望取之於文化,未來也能用之於文化,為部落建立在地產業,提供穩定的工作機會,並使文化延續。

Kamaro’an也嘗試到國外參展,兩年多來他們跑了巴黎 、日本、曼谷、香港、米蘭、法蘭克福等地,在外頭走了一圈,來自法國、義大利、西班牙的訂單也跟著進來;透過國際參展的曝光,讓美國紐約的現代藝術博物館(MoMA)邀請Kamaro’an的編織三角包在現代藝術殿堂上架販售,展現台灣的設計與工藝實力。

太平洋的風:MIT的花東選物店

2017年,Kamaro’an在華山文創園區開設「太平洋的風」生活風格選物店,由Kamaro’an夥伴親自走訪許多隱沒在花東鄉鎮、巷弄間的工作室,自然材質、不過度加工,但又認真細緻是Kamaro’an夥伴的選物標準,再佐以設計師透過情境搭配品項,營造出Kamaro’an想要的生活感。

Kamaro’an一直想要有一間實體店鋪,能跟消費者第一線互動,觀察消費者的喜好。再加上大家對輪傘草的認識不深,到店裡來能實際看到輪傘草的編織,更有感覺。劉立祥解釋,近年來,台灣的生活選物店林立,但像「太平洋的風」一般只挑選台灣製造的店家不多,華山園區有許多國外觀光客,想購買made in Taiwan的東西,Kamaro’an的產品就讓他們愛不釋手。

「太平洋的風」也保留了店內一方空間,以花東工藝為題策展。不希望店內只有銷售,而期許它是一個有內涵的空間,能帶給消費者新鮮感,定期回來光顧。看到喜歡的工藝品,打開錢包,把自己喜歡的買回去,成為生活的一部分。

有消費者回饋喜歡店鋪的風格,「很純粹」、「都是生活上的必需用品,但是不會過度的造作。」聽到這樣的回饋,劉立祥顯得開心,知道設定的方向是正確的,要持續下去。不強調原住民的圖騰符號,不想成為到此一遊的觀光紀念品,Kamaro’an把更多屬於文化的故事,藏在產品裡,靜待消費者細細去品味、慢慢去發掘。

Kamaro’an的初心,是期望將近年來部落不斷湧現的藝術能量轉換成在地的文化產業,讓部落青年能返鄉住下來。而未來,Tipus希望透過品牌讓更多年輕人投入學習更多不同的工藝,「如果沒有跟部落有更多連結時,這個品牌就會站不穩。」她語重心長的說。透過年輕世代向部落耆老學習,把傳統技法保留下來,未來才有機會有所發揮,而設計可能就是一個方向或方法,讓工藝成為活的文化。

相關文章

近期文章

英文 日文

Kamaro’an

Cathy Teng /photos courtesy of Chuang Kung-ju /tr. by Phil Newell

This is a story about weaving. It begins with Sumi ­Dongi, who was working to restore terraced coastal paddy fields and revive the umbrella sedge. She got to know Ti­pus Ha­fay, who was mentoring businesses in Hua­lien and Tai­tung; later, they joined forces with designers Shane Liu and ­Chang Yun-fann. All these elements were woven together to create the simple, modernistic “Ri­yar Light,” and tell the story of the Ka­ma­ro’an brand.

The Riyar Light, which marries craft with design, has come to shine brightly on the international stage. In 2017 its combination of local authenticity with fashionable design won a “Rising Asian Talents” award for Kamaro’an at Maison et Objet, France’s leading trade fair for interior design. At exhibitions in Europe, one can often hear Kamaro’an designs being praised as “elegant,” “poetic,” “sculptural,” and “authentic.” The Riyar Light has even been taken by President Tsai Ing-wen as a gift on a visit to a diplomatic ally. The beauty of Taiwanese crafts is there for the whole world to see.

 


 

In Tai­pei’s Hua­shan 1914 Creative Park there is a shop named “The Wind of the Pacific Ocean” that sells selected products from Hua­lien and Tai­tung Counties in Eastern Taiwan. Inside the shop Ngodo and Nacu, two young indigenous women of the Amis tribe, are focusing their attention on the weaving work in front of them. Ngodo is using the “single thread” rattan weaving technique to make a handle for a triangle handbag. Nacu, meanwhile, is sitting upright before a weaving table about 150 centi­meters long by 12 cm wide, where she takes strips of umbrella sedge, fixes them on the weaving table, and then ties over and under with paper twine to bind the strips together, using hanging lead bobs to weigh the twine down and hold the umbrella sedge in place.

As she weaves, Nacu says: “This is the weaving technique for straw mats. When I was small every house had a weaving table, and we all saw our grandmothers weaving straw mats…. Later, when I was learning to make Riyar Lights, there was umbrella sedge on hand as a material, but there was no weaving table, so we had to go to Sumi’s home and bring one back.”

Rediscovering what was lost

It is not only weaving tables that had been forgotten. In the indigenous community of Ma­ko­taay in Hualien’s Feng­bin Township, there are many scenes of daily life that have disappeared as lifestyles have changed. These include, for example, the coastal paddy fields that fell into disuse and became overgrown after the supply of irrigation water was cut off, and the sight of women of the community weaving straw mats during slack periods in the agricultural year.

Sumi decided to set to work restoring the terraced paddy fields, while at the same time replanting the umbrella sedge (Cyperus alternifolius) and swamp leaf (Limnophila rugosa) that grow alongside paddy rice. Her efforts made it possible once again for visitors to Ma­ko­taay to see golden paddy rice ripening beside Provincial Highway 11, and Amis people weaving straw mats.

Umbrella sedge is so named because its leaves have the shape of an umbrella frame. Its straight, unsegmented stalk can grow up to one meter tall, and is used by the Amis people to weave straw mats. Sumi recalls that in the summer months of June and July, every household would be drying grains and umbrella sedge in the sun, and weaving straw mats. During the summer, no one slept indoors; instead, people took their mats out to sleep under the starry skies. In the past there was always a “daruan” (small hut for resting) next to the fields, and newlyweds would bring their straw mats into a daruan to be alone together. Sumi says: “Umbrella sedge is part of the aesthetic of community life, and is also closely connected to daily life.”

Sumi also thought about what other uses umbrella sedge could be put to, to establish a local industry that would provide stable job opportunities to the community. The process for weaving straw mats is simple, but because Taiwan is so humid, the traditional method of drying the sedge in the sun was not always sufficient to prevent it remaining moist and thus becoming moldy. This was a problem in need of an urgent solution.

After several experiments, Sumi took inspiration from the method used by the Amis for processing rattan. The vascular tissue inside the sedge stem is stripped out to leave only the outer skin, which is dried in the sun. This produces a much more durable material. Sumi also learned Amis weaving techniques from tribal elders and taught them to younger women.

Encounter with modern design

Chang Yun-fann and Shane Liu first came to Ma­ko­taay with Tung Fang-wu, an associate professor at National Taiwan University of Science and Technology (NTUST). For many years now, there have been a number of arts subsidy programs to rediscover the culture and handicrafts of indigen­ous communities. But this revival often comes to a halt when the program terminates, without any way being found for the resources that have been identified to be used sustainably. “A lot of culture and stories have been rediscovered, but then comes the problem of how to commercialize them,” says ­Chang. This is the issue that their team is trying to resolve.

Tipus Hafay was born in another Amis community, Na­ta­o­ran. After completing her studies at the Graduate Institute of Building and Planning at National Taiwan University, she worked in Tai­pei for over five years until she finally got a chance to return home to work, to assist in men­tor­ing traditional industry firms in Hua­lien and Tai­tung.

Thanks to an introduction from Ti­­pus, the team from NTUST cooperated with Sumi to use the umbrella sedge strips that she had developed. Sumi states: “Umbrella sedge is vulnerable to moisture, but lamps produce both light and heat, so turning umbrella sedge into lamps is the best way to ensure it doesn’t go moldy.”

The project team started learning from scratch, and they personally learned from Sumi how to process and weave umbrella sedge, so they could understand the time required for weaving and the adaptations they could develop.

Shane Liu says: “Living in the indigenous community, seeing the mountains and ocean every day, you unwittingly make shapes that resemble ocean waves. [In the Riyar Light] every angle is different, just like the swelling of ocean waves, bringing a sense of rhythm.” The Riyar Light is constructed around a rhombus and two semicircles, simple geometric shapes that give it an uncomplicated and modern feel. The umbrella sedge, which has absorbed the sunlight of Hualien, is twisted into a wave shape, incorporating the natural setting of Eastern Taiwan into the lamp’s design.

In order to highlight the craft of weaving while also meeting the needs of future large-scale production, the designers cleverly placed the hand­woven element in the most eye-catching position on the lamp, while using standardized components for the remainder of the product in order to reduce costs.

As the Riyar Light progressed from concept to proto­typing and gradually matured, they felt that they could test the market for a series of umbrella-sedge products. So they put a number of products onto the crowdfunding website “zeczec” under the Kamaro’an brand.

When they started out they set their fundraising target at NT$200,000, little expecting that they would reach this goal in 12 days.

Kamaro’an: Settle down and live here!

Kamaro’an is an Amis phrase that means “Won’t you all take a seat!” Thus it has a very strong sense of connection to daily life. ­Chang Yun-fann explains that another layer of meaning to kamaro’an is “Settle down and live here!” If the brand was a success, they hoped to create opportunities for young indigenous people who had left the community to return home and settle there. This is the even more heartfelt wish behind the brand.

With their fundraising success on zeczec and with orders in hand, in 2015 they began to face the test of large-scale production. Sumi had stored up reserves of umbrella sedge well in advance, but the sedge has to undergo months of drying in summer sunshine. Her younger partners thought of drying the sedge by machine to save time. But while the mechanical dryers reduced the moisture in the material, they couldn’t eliminate it entirely. This experience confirmed that umbrella sedge has to be exposed to sunlight to ensure it is fully dry.

After various ups and downs, it was only in 2016 that the manufacturing process for umbrella-sedge products could be said to have become smooth. A co­operat­ive model was developed with the aim of retaining as much of the income as possible in the community, with the community being responsible for creating a production line. The hope is that sale of these products, which drew on local culture for their creation, can in turn support that culture and enable it to endure by creating local businesses and providing steady jobs.

Kamaro’an have also tried their hand at overseas trade fairs. Over the last two years and more they have shown their wares in Paris, Japan, Bangkok, Hong Kong, Milan, and Frankfurt, and orders have come in from France, Italy, and Spain. Thanks to this exposure in international trade shows, Kamaro’an were invited to sell their woven triangle bags at the Museum of Modern Art in New York, demonstrating Taiwan’s very real capabilities in terms of design and crafts.

Made in Eastern Taiwan

In 2017, Kamaro’an opened a lifestyle boutique named “The Winds of the Pacific” in Tai­­pei’s Hua­­shan 1914 Creative Park. Kamaro’an partners personally visited and selected workshops hidden away in the streets and alleys of townships throughout Hua­lien and Tai­tung to find other makers of craft products that could be sold in the shop. The criteria that the Kamaro’an partners applied included using natural materials that were not excessively processed, as well as a dedicated and meticu­lous approach. In the shop’s displays, the designers arrange products thematically to create the lifestyle feeling that Kamaro’an is looking for.

Kamaro’an always wanted to have a bricks-and-­mortar shop so as to able to interact with consumers directly and observe what they like. Furthermore, most people have little awareness of umbrella sedge, so consumers would gain a better appreciation of woven sedge products if they could come to the shop and see the weaving process in person. Shane Liu adds that numerous lifestyle shops have sprung up in recent years, but there are few that, like The Winds of the Pacific, sell only products made in Taiwan. Many foreign visitors go to Hua­shan 1914 Creative Park wanting to buy something made locally, so they love the products made by and for Kamaro’an.

The shop also has a space set aside for exhibitions of craft products from Hualien and Taitung. This space gives consumers a feeling of novelty, so that they regularly come back to visit.

Without emphasizing Aboriginal motifs or symbols, and without wanting to become a simple souvenir shop for tourists, Kamaro’an ensconces within its products even more stories that are part of culture, quietly waiting for consumers to look at the details and appreciate them, and to gradually discover these stories for themselves.

The original idea behind Kamaro’an was the hope that the artistic capabilities that have continually emerged in indigenous communities in recent years can be transformed into a local cultural industry, enabling young indigenous people to return home to live. For the future, Ti­pus hopes that the brand can help more young people to apply themselves to learning various craft skills. “If we can’t build more links with indigenous communities, then this brand won’t survive,” she says earnestly. Only if the younger generations learn traditional skills from tribal elders and preserve them will they have the opportunity to build on those techniques in the future. Design can perhaps provide an orientation and a means to make crafts into living culture.

Kamaro'an ブランド

文・鄧慧純 写真・莊坤儒 翻訳・久保 恵子

これは編み継がれていく物語である。Sumi Dongiが棚田とシュロガヤツリを復活させ、花蓮・台東で産業振興を指導するTipus Hafayに出会って物語が動き出した。そこへさらにデザイナーの劉立祥と張雲帆が加わってから、すべての輪が繋がり、シンプルで現代的なデザインの浪草ランプを生み出した。そうして編み上げられたのが、Kamaro'anブランドの物語である。

工芸とデザインを組み合せた浪草ランプは、台湾テイストのお洒落なデザインで、2017年にパリで開催された「メゾン・エ・オブジェ展」において、アジアの新鋭デザイナー賞を受賞した。ヨーロッパに出展すると、エレガントで詩情溢れる本物のデザインという賛辞が絶えない。浪草ランプは蔡英文総統の外遊での手土産にもなり、台湾工芸品の美を海外に伝えている。


華山クリエイティブパークの赤煉瓦エリアには、花蓮・台東のセレクトショップ「太平洋の風」が出店し、アミ族の女性NgodoとNacuが作業に没頭していた。Ngodoはラタンの一本編みの技法を用い、三角形のバッグを編んでいる。Nacuは長さ150センチ、幅12センチの編み機の前にきちんと座っている。その膝には干して加工したシュロガヤツリの葉一束が載っている。編み機には鉛の重りを付けた緑色の紙紐がついていて、重りが編み機の両側に垂れている。Nacuは膝から二本のシュロガヤツリの葉を取り出して編み機にセットし、重りを付けた紙紐を上下に交差させて固定させ、重りで押さえつけた。

Nacuは作業を続けながら「これはゴザの編み方で、小さい頃にはどこの家にも編み機があり、お祖母ちゃんがゴザを編んでいるのを見ていました。それから浪草ランプの作り方を学びました。手元にはシュロガヤツリの材料はあっても、編み機がないので、Sumi叔母さんの家から一台を担いできました」と言う。

失われた集落の技術を求めて

忘れられたのはゴザの編み機だけではない。花蓮県豊浜郷港口集落では、生活スタイルの変化から失われていく風景がそこここにある。水源を絶たれた水田は荒廃して藪となり、農閑期に集落の女性がゴザを編む風景も失われた。

長年に渡り、先住民の土地権回復運動に関ってきたのだが、Sumiは心に矛盾を抱えていた。集落の人々は昔ながらの耕地を守ろうと抗争するが、その田畑は荒れ果てて耕す人もいなかったのである。そこで彼女は棚田の復活を決意し、水稲と共生するシュロガヤツリとホウライシソクサの種を蒔くことにした。台11号線沿いに黄色く色づく棚田が復活し、アミ族のゴザ編み工芸が港口集落の風景に再び帰ってきた。

シュロガヤツリは、葉の形が傘の骨に似ているために、中国語名を「輪傘草」と言う。茎はまっすぐで節がなく、1メートル近くになるため、アミの人々はこれでゴザを編んでいた。Sumiの記憶では、6月に入り夏になると、家々は籾を干しながら、シュロガヤツリも干し、ゴザを編んだという。夏には屋内ではなく、星空の下にこのゴザを敷いて休んだ。昔は田んぼの傍らに「Daruan(アミ語で休息小屋の意味)」を建て、集落の新婚夫婦はゴザをもってDauruanで休み、愛情を培ったものであった。Sumiは「シュロガヤツリは集落生活の美学の一部をなし、生活と深く関っていました」と話す。

シュロガヤツリの栽培を再開したSumiは、より多くの時間をかけてその利用方法を探ってきた。そこから産業として確立し、集落に安定した雇用を生み出したいと考えたのである。ゴザを編む工程は難しくはないが、その前段階の処理で、3カ月をかけて日に干し、乾燥させなければならなかった。台湾は湿度が高いので、シュロガヤツリにカビが生えやすいという問題を、まず最初に解決する必要があった。

様々な方法を試した後で、Sumiはアミの籐の皮処理方法に倣い、シュロガヤツリの茎中央にある水分を運ぶ維管束を取り去ることにした。その皮だけを残して天日干しすると、安定した品質を維持できるようになった。またお年寄りからアミ族の編み方を習い、集落の女性を集めて技術を習い伝承していくことにした。

現代デザインとの出会い

張雲帆と劉立祥は当初、台湾科技大学の董芳武教授に従って集落にやってきた。それから長年に渡り、多くの芸術支援プロジェクトを実施し、集落の文化と工芸技術を発掘してきたが、成果が上がってもプロジェクト終了と共に終わってしまい、持続的に残すことはできていなかったという。「多くの文化や物語を発掘しても、それを産業化することができませんでした」と、張雲帆は解決すべき問題点を話す。

吉安郷のアミの集落出身のTipus Hafayは、台湾大学都市田園研究所を卒業し、台北で5年間働いてから、ようやく花蓮・台東の伝統産業指導の職を得て、故郷に戻った。

そのTipusの紹介があって、台湾科技大学のチームは港口集落に入った。その初年度の2013年には、流木アートの創作者との協力を開始した。それが1年を過ぎて、芸術家は芸術創作に専念すべきで、芸術と産業化とが両立しないと悟ったという。そこで2年目は工芸家との協力を目指した。「工芸はデザインを特性としていて、生活に必要なものの生産を目指します。多くの人が編み細工をできるし、参入の難易度も低いでしょう」と、張雲帆は説明する。こうしてSumiのシュロガヤツリを素材とした工芸を目にして、これはまさに台湾らしい工芸品ということで、チームの共同制作の対象となった。Sumiは「シュロガヤツリは湿気に弱いのですが、これを照明と組み合せると、光と熱がカビの発生を抑えます」と話す。

プロジェクトチームは集落に長期に渡って住み込み、住人と寝起きし、畑仕事や漁の役には立たないものの、傍らで見聞きし、集落における生活の姿を観察した。また、Sumiと共にシュロガヤツリの加工と編み方の技法を学び、編むのに必要な時間と発展の可能性を研究した。

劉立祥は「集落に住み、毎日海や山を見ていると、自然に波の形状を作っています。浪草ランプは角度によって見え方が違い、波のような動きとリズム感を生み出すのです」と、菱形に二つの半円を加えたシンプルな幾何学図形を組み合せた浪草ランプのモダンなデザインを説明する。台湾東部の陽光を吸収したシュロガヤツリは、波の形状に整えられ、現地の自然を組み込んだデザインとなった。しかし、デザイナーは先住民風のデザインを敢えて採用せず、どの空間においてもしっくりするようなデザインを心掛けたという。その製品のランプや名刺入れ、物入れの箱など、どれもシンプルで日常の卓上に溶け込む。

「私たちのデザインは派手に目立つのではなくすっきりとまとまることを目指しました。それは意外と時間がかかるものです」と劉立祥は言う。編み表現の展開と、将来的な量産化の必要性を考慮し、デザイナーは製品の目立つ部分に手編みをデザインし、それ以外は定型化してコスト削減を図った。

浪草ランプは設計から試作へと開発が進むにつれて、開発チームはシュロガヤツリ製品シリーズで市場の動向を探ろうと考え、Kamoaro'anブランドでクラウドファンディングを実施した。「その当時は単純で、クラウドファンディングで成功すれば、そのアイテムは市場性があるだろうし、成功しなければ、それで終りと思いました」と、Tipusは言う。

そのファンディングで、当初は20万台湾元を募集目標としたが、わずか12日で達成できてしまったのである。

Kamaro'anとは、アミ語でみんなに「こちらにどうぞ」と呼びかける言葉である。張雲帆によると、Kamaro'anにはさらに「一緒に住もう」の意味もあるという。ブランド確立に成功すれば、集落出身者に故郷に戻れる雇用を生み出せるというのが、奥に隠された願いである。

2015年にクラウドファンディングに成功し、受注を開始したが、量産の問題に直面した。Sumiは早くからシュロガヤツリを備蓄していたが、素材の加工には夏の太陽での乾燥が必要だった。それでは時間がかかるので、乾燥機での乾燥を試してみたが、乾燥機では茎の水分を抜いても、中まで完全に乾燥させることはできなかった。天日干しを行わなかったランプのシュロガヤツリにカビが生え、ロットすべてを廃棄したこともあった。この経験からSumiは天日干しが必須だと確認したのだが、乾燥機の倍の時間をかけないと、完全には乾かないのであった。

何回も試作を重ね、シュロガヤツリ製品の製作は、2016年になって軌道に乗り始め、集落との協力体制が整っていった。生産工程を集落に残し、生産ラインを担当させ、シュロガヤツリ製品販売の利益は、集落の職人が4割を受け取る。文化が生み出したものは、将来に渡って文化に用い、集落のために地場産業を確立し、安定した雇用を創出して文化を受け継いでいくのである。

Kamaro'anブランドは、2年余りでパリ、日本、バンコク、香港、ミラノ、フランクフルトなど国外の見本市にも参加し、フランス、イタリア、スペインなどからも受注した。国際見本市で脚光を浴びると、ニューヨーク現代美術館から博物館グッズとして三角形のバッグが選定され、台湾デザインと工芸品の実力を示した。

太平洋の風、台湾製品のセレクトショップ

Kamaro'anブランドは、2017年に華山クリエィティブパークに「太平洋の風」セレクトショップを開設した。ブランドのパートナーが花蓮や台東の各地に埋もれている工房を訪ね、自然素材を用いて、過度な加工を行わず、しかし精緻なクオリティを維持するという基準に叶うアイテムを選びだした。そのアイテムをデザイナーがKamaro'anのライフスタイルに合せて組合せ、展示している。

Kamaro'anブランドは、消費者との接点となるアンテナショップとして、その好みを観察したいと考えていた。また一般のシュロガヤツリの認知度は高くないため、ショップで編んだ製品を手にすれば、より実感がわく。最近では生活用品のセレクトショップは数多いが、「太平洋の風」のように台湾製品だけを扱う店は多くはない。崋山パークには台湾製品を買い求める外国人観光客が数多く訪れており、Kamaro'anブランドは、彼らのニーズにかなうものである。

「太平洋の風」では店内に展示スペースを設け、花蓮、台東の工芸品をテーマに展示を行っている。店内で販売を行うだけではなく、意味のある空間を設けて、消費者に新しいアイテムを提示し、リピーターを増やしたいと考えている。気に入った工芸品があれば購入して、生活の一部とできればと期待する。

購入した消費者からは、店のスタイルについて「純粋」「生活の必需品で、自然なスタイル」といった声が寄せられている。劉立祥はこれを聞いて、自分たちの方向性が正しかったと喜び、これからも続けていきたいと語る。

アイテム選択には、先住民族特有の図案を強調せず、単なる観光土産に留まらず、多くの文化的要素を製品に取り入れ、手にした人がその意味をゆっくり味わえるようにと期待する。

Kamaro'anブランドが期待するのは、集落から湧き上がる芸術のエネルギーを地場の文化産業に育て上げ、集落出身の若者が故郷に定住できるようにすることである。Tipusは将来に向けて、ブランドを通して、より多くの若者が様々な工芸技術を学ぶことを願うと共に、「集落とより多く繋がっていかなければ、このブランドは安定して育っていかないでしょう」と力を込めて語る。若い世代が集落の長老に伝統技法を学ぶことで、伝統工芸を将来に伝えられ、さらに発展の機会を生み出せるだろう。そしてデザインは伝統工芸に方向性を与え、より生きた文化に転化していける手法なのである。

X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!