:::
全球華人
「私はタイ人で、また中華民国の国籍も持っていますから、両方の社会に役立つことに力を注ぐのは当然だと考えています」——タイ語放送と政府のイベントで司会を務める陶雲升は、普段は寡黙...
試閱文章
城鄉在地
三代続く徳豊木業は、この百年の林業の変遷を見続けてきた。最盛期から没落に瀕した時期まで、徳豊木業は木材の潤いで、冷たいスチールとコンクリートを迎え撃つ。環境にやさしい無害な建築を旨に、自然に呼吸する住...
全球華人
タイは東南アジア市場の重要な拠点であり、台湾政府によって新南向政策が打ち出される前から台湾企業はビジネスチャンスを見込んで投資してきた。数十年を経て、その多くは産業界の中堅となっている。だが、近年はグ...
試閱文章
休閒旅遊
「科学イラスト」(サイエンティフィック・イラストレーション)は、カメラがなかった時代、科学者が生物の特徴を記録するために、動植物を生き生きと描いたものだ。独自の芸術形式を持ち、我々に多様な世界を見せて...
藝術人文
中央研究院内にある胡適の旧宅は、この60年、変わらぬ姿を残し、緑の草地に囲まれて池にその影を落とす。激動の時代は過ぎ、平和な時代にあって、永遠の静けさの中に佇んでいる。一代の碩学はここに生前暮らし、研...
試閱文章
專欄
蘭嶼の海は、まるで鏡のように清らかに澄んでいて、海底に沈む岩石のように深く神秘に満ちている。荒々しい潮の香が漂い、俗世を離れて大海に孤立するその姿は、海と大自然を愛する人々を惹きつける。 ここは台湾で...
最新脈動
台湾政府は、2035年にはガソリン二輪車の販売を禁止すると発表した。スケジュールが決まると、代替案が現れた。中でも中華emovingは早くも数年前に参入し、先行者利益を得ている。バイク製造55年の光陽...
最新脈動
唐の李紳は「憫農詩」に「禾を鋤いて、日は午に当たる。汗は滴る禾下の土に」と詠んだ。昔の農耕の姿である。 だが今日の農業では、ドローンが農薬や肥料を散布し、人手による作業より精確なため農薬や肥料の使用量...
試閱文章
全球華人
繊維産業と漁業には何の縁もゆかりもないように見える。だが、養殖漁業と繊維産業の盛んな台南では、紡織メーカーの三代目が、容易に手に入るサバヒー(虱目魚)の鱗から、バイオ技術を用いて「コラーゲンペプチド」...
試閱文章
最新脈動
AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)、ビッグデータ、クラウド・コンピューティングなどが発達していくと、人々の暮らしはどう変わり、都市はどう発展していくのだろう。 「スマート・シティ」の概念...
專欄
今年初め、台東市の著名な観光スポットである鉄花村の隣りに不思議な形の建物が出現した。TTStyle原創館である。これは50のコンテナを組み合わせた波型の屋根を持つ建物で、先住民族の特色を生かしたショッ...
試閱文章
城鄉在地
「ムエタイ」と聞いてどんなスポーツをイメージするだろう。激しい格闘技として知られるが、高雄にある仁李泰拳館(ムエタイ・ジム)では、映画のように激しく殴り合う姿は見られず、高血圧を患う人も、一つの武術と...
試閱文章
城鄉在地
『イノシシ、ムササビ、サキヌ』『歩風的人(風を歩く人)』『外公的海(おじいちゃんの海)』の作者であるアーロンロン・サキヌは、多くの文学賞に輝いた先住民作家であり、学校の教科書にもよく登場する。ハーバー...
最新脈動
ASEAN経済共同体(AEC)の中でも影響力の大きいタイでは、2017年2月にプラユット・チャンオチャ首相が長期経済ビジョン「タイランド4.0」を打ち出した。5+5のターゲット産業発展目標と、陸海空の...
試閱文章
藝術人文
世界を結ぶケーブルは、かつて台北101ビルを訪れる世界各地からの観光客を支え、またそれを洗浄することで受刑者は更生への希望を抱いた。さらに康木祥の手にかかると、剛柔相兼ねる台湾精神を形作るのである。「...
試閱文章
城鄉在地
「黒孩子(黒い子供)」という言葉があるが、人によってとらえ方は異なるようだ。「太陽の下で懸命に努力し、黒く日に焼けた子供のこと」と言う人もいるが、「孩子的書屋(子供の勉強小屋)」の創設者である陳俊朗は...
最新脈動
台湾がラテンアメリカやアフリカ、南太平洋の友好国で行なっている公衆衛生・医療援助は国際的に高く評価されている。例えば、中米のベリーズの腎臓病予防計画や、エスワティニ(前スワジランド)の妊産婦および新生...
專欄
2018年5月16日の夜11時、苗栗県通>]の拱天宮は人でごった返していた。年に一度の白沙屯媽祖の神輿が巡行に出発するのである。今年、媽祖様は36時間以内に徒歩で雲林の北港朝天宮へ到着するよう指...
最新脈動
あなたは最近、ペンを手に取って字を書いたことがあるだろうか。 デジタル化が進み、SNSなどを通したコミュニケーションがますます便利になる中、今もペンをとって一文字ずつ思いを伝える人がいる。古いと思われ...
藝術人文
ハンドメイドの工芸品は、その一点一点が唯一無二の生命を有する。手の温かみが思いを伝えるが、その深い思いは作品の完成とともに終わるものではなく、そこから時間の流れとともに連綿と伝わっていくものである。 ...
X 使用【台灣光華雜誌】APP!
更快速更方便!